FC2ブログ
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

RSSフィード

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: N鉄模-東急

東急デヤ3001 

2015.01.04
Sun
19:18

デヤ3001

かねてから製作をしていたデヤ3001号がようやく完成しました。
ダークグリーンの旧色時代がモデルです。
前照灯は非点灯時青みがかったように見えた気がするので、薄めた青緑1号で軽く塗ってみました。


元3550形デハ3551号の雰囲気を残す運転室側です。


新設された運転室側です。


屋根上のアップ。パンタグラフ観測用ドームと架線検測関連機器周りです。
架線検測関連機器は適当なパーツを使って製作してみました。

【車体】
・車体/手すり:ガレージマニァ/デヤ3001キット(絶版)
・窓セル:フジモデル/窓ガラス板(帯電防止済)ゴミを寄せ付けない0.2mm厚
・尾灯:銀河モデル/テールライト(旧型国電半流用):N−021
・床下機器(代用):鉄道コレクション弘南鉄道3600形

【動力】
・動力ユニット:トミーテック/鉄道コレクションNゲージ動力ユニット<17m級A>:TM-05R
・動力台車:トミーテック/鉄道コレクションNゲージ動力ユニット<20m級D>軸距15.4mm:TM-18
・台車枠(代用):コモン・ワークス(LazyJack):台車L−17タイプ(長/軸距15.4mm)1両分:1524

【屋根上】
・屋根本体:グリーンマックス/東急3700形キット
・前照灯:タヴァサホビーハウス:旧国250W埋込型前照灯(戦前型半流用A)PN041-1
・集電用パンタグラフ:トミックス/PG16形:0238
・測定用パンタグラフ:集電舟・上枠:トミックス/PS11形(黒):0267、下枠・台枠:トミックス/PG16:0238
・避雷器:トレジャータウン/私鉄用避雷器A(角型):128A
・観測用ドーム:ガレージマニァ/デヤ3001キット(絶版)
・サーチライト:トレジャータウン/架線検測車用サーチライト:TTP603
・高さ検出器:タミヤ/t0.5/t0.3プラ板、φ0.3mm真鍮線、エコーモデル/細密パイプφ0.5mm×φ0.3mm:P-0503
・高圧中継箱:タミヤ/t0.5/t0.3プラ板、φ0.3mm真鍮線、銀河モデル/高圧引込回路(新型直流電機用):N−241
・高圧母線:φ0.3mm真鍮線、エコーモデル/細密パイプφ0.5mm×φ0.3mm:P-0503
・空気引通管:φ0.3mm真鍮線
・雨樋:ランナー引き伸ばし線
・パンタ鍵外し箱:タミヤ/t0.5/t0.3プラ板

【仕上げ】
・車体色:クレオスMr.カラー/暗緑色(日本海軍機上面色):C15
・表面保護:GMカラー/クリアーコート(半光沢):44
・屋根色:ガイアノーツ/ねずみ1号:1005
・床下色:クレオスMr.カラー/タイヤブラック:C137
・コーポレートマーク:トレジャータウン/インレタ 東急7200系標記:803-02
・車番(正面):汽車会社/183系1000番代用(銀):SP−20
・車番(側面):グリーンマックス/インレタ 東急旧形式・伊豆急:6405
・乗務員室標記:トレジャータウン/インレタ 「乗務員室」標記縦書き/大量:TTL018
・客用扉ステッカー/インレタ ドア注意ステッカーインレタ#6(顔ベタ):TTL086A

製作着手から完成まで約10年かかりました(笑)
各パーツが足らなかったのですがトミーテックからPS11形パンタグラフが発売され、製作のめどがたったので、一気に完成まで持ち込みました。
台車が実際より長めだったり、雑な仕上がりですがこんなもんでしょう〜

ダークグリーン色の3000形もいいですねぇ・・・。
Comment(0) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

カレンダー

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。