09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

RSSフィード

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: N鉄模-貨車

チキ6000 その1 

2015.06.17
Wed
19:00

チキ6000−1
モデルアイコンからチキ6000キットが発売されました。
とても簡単に組み立てができるキットで、レール運搬車がお手軽に再現できる!とあって品薄状態になっているようです。
実車の荷台は木材で擦れたイメージが強いので、エアブラシで再現してみました。
Mr.カラータン→Mr.カラーウッドブラウン→Mr.カラー土地色→Mr.カラーレッドブラウン→Mr.カラーつや消しブラックの順で塗装。

チキ6000−2
ガイアカラーピュアオレンジで塗装、Mr.カラーレッドブラウンで錆びを表現したレール緊締装置を仮置きしてみました。
スポンサーサイト
Comment(2) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 鉄道模型  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

黄色いコキ 

2010.01.20
Wed
23:00

黄色いコキ
手元のコキを思いつき?でいじってます。
見た目で選んだイエローに塗替え、
自作デカールを貼れば完成予定のお手軽加工。
番号はいくつにするかな・・・
Comment(0) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 鉄道模型  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

#903カプラー取付高さチェック 

2009.02.27
Fri
23:00

#903カプラーを取付けたので、お約束の高さチェックです。

#903カプラー取付高さチェック
コタキ12200、ホキ5700ともに良好です。
ホキ57000の車輪は、いさみやの常温黒染液にて染めたものです。
脱脂が一番重要ですね。脱脂が不十分だと表面に食いつかず全く染まりません。

コタキ12200_ホキ5700#903
お互いに繋げてみました。
編成にするには数も足らず、秩父デキも持ってないです・・・
Comment(0) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 鉄道模型  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

#903カプラーを取付ける 

2009.02.25
Wed
12:00

組み立てておいた#903カプラーを車両に取付け始めました。

河合商会の貨車を付けていきます。

ホキ5700 #903カプラー
上はホキ12200でそのまま速攻Gクリアでベタ付けしました。
下はホキ5700でt0.25のプラ板でスペーサーを作り、挟んでベタ付けします。

#903カプラー装着車両
この他タキ35000にも取付けました。
こちらはt0.5プラ板で調節しています。
お約束の高さチェックは後ほど・・・
Comment(0) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 鉄道模型  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

ホキ800バラスト積載 

2008.11.03
Mon
22:52

バラスト積載

ホキ800にバラストを載せてみました。
もちろん砕石場から各拠点への輸送を再現するので
バラストはグレー(未使用)を使用します。
積み方もあるかと思いますが適当に載せ、水で薄めた
木工用ボンドで固定しました。

2両でも編成になるのがいいですね。
Comment(0) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 鉄道模型  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

TOMIXワム80000にKATOナックルを付ける 

2007.11.11
Sun
20:00

TOMIXワム80000KATOナックル&カプラ1

TOMIXワム80000(旧製品)は連結間隔が開きすぎるので
手頃なKATOカプラーにしたところ間隔は約10mmでした。(写真上)
そこで最近発売されたKATOナハフ11かもめナックルカプラーを使ってみました。
(写真下)
参考にしたのはカプラー改造でおなじみの「鉄ヲタのパパの部屋
で紹介されている「トミックスワム80000!!」です。
http://hanadanna.exblog.jp/5875716
作例と唯一違うところはナックルカプラーです。
相違点は2点ほど。
・ナハフ11かもめ用の方が1個当たりの価格が安い。
-アメリカ型4個525円
-ナハフ11かもめ10個630円

・貨車同士なので自動開放不用
-ナハフ11用でも追加加工で自動開放可能

なので今回ナハフ11用を使用しました。
KATOカプラーよりは少々高めですが連結間隔や見た目は
とても良いと思います。

TOMIXワム80000KATOナックル&カプラ2

連結面を上から。左;KATOカプラー/右;ナハフ11かもめ用

TOMIXワム80000KATOナックル&カプラ3

連結面を下から。左;KATOカプラー/右;ナハフ11かもめ用

TOMIXワム80000KATOナックル&カプラ4

最後に先に完成したばかりのTOMIX改造JR貨物所属EF65 1042号機と連結してみました。
高崎区のEF65とワム80000との組み合わせは実際に
越谷貨物ターミナル~新鶴見信号場で運転される3461レ(復路3460レは夜間)で
見ることが出来ます。

なおKATOナハフ11かもめナックルカプラー(カプラーポケット対応)は
TOMIX製貨車(台車マウントカプラーポケット)にも簡単に交換できるので
非常に使えると思います。
購入はいつもお世話になっている
リトルジャパン祐天寺さん
http://www.h4.dion.ne.jp/~lj-shop/
にて購入しました。
在庫はまだまだ余裕があるようでした。
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 鉄道模型  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

技法?河合タキ35000を改造する 

2007.01.20
Sat
09:46

河合商会製貨車を何両か持っていますが、
カトーカプラーに換装した貨車を
組合式モジュールでトミックス製バリアブルレール
を通過させると自然開放が続発してまともに
走らない状態でした。
安定した走行を確保するにはどうしたらよいか?
この問題を解決するために良く観察してみると

・カトーカプラー換装時にバネを外した状態では
バリアブルレール通過中に細かく上下に振れ外れる。
という挙動が判明しました。

この対策にはアーノルドカプラーと同じく
スプリングを入れればある程度効果がありました。
ただ河合製台車にスプリング+カトーカプラーを
装着すれば済みますが、スプリングを入れづらい点が
難点です。

今回のタキ35000はTR41台車を履いており
カトーから同じタイプの台車(8001D トキ15000 TR41ビス)が
出ているので換装してみようと購入しました。

台車を外してみたところ、小加工が必要でした。
1)タンク体側ネジ取付パイプ外径を少し細くする。
2)カトー製台車取付穴径を少し広くする。
3)タンク体側と台車の間にワッシャーを入れる。
(ワッシャーはM3×8黒を使用)
taki35000-1

taki35000-2

左が純正台車+カトーカプラー、右がカトー台車&カプラー

taki35000-3

左右ともカトー台車&カプラー

バルアブルレールで走行した結果、自然開放が低減しました。
他の形式でも見合う台車があれば改造したいですね。
ちなみに今回使用したカトー製TR41台車は黒染車輪でした。

※参考にして改造される方は個人の責任で行ってください。
当方は改造による責任の一切は負えませんのでご了承ください。
Comment(0) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 趣味と日記  * janre: 趣味・実用

* category: N鉄模-貨車

貨物駅モジュール・・・ 

2006.10.14
Sat
12:00

車両の展示台(?)として
貨物モジュールを作っています。
TOMIXモジュール準拠で最大8線が並びます。
貨物モジュール1

Comment(2) Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

カレンダー

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。